Wi-Fi インターネット

Wi-Fiって何ができるの?基本的な仕組みについて

インターネット接続サービスの中で、Wi-Fiという言葉を頻繁に耳にしませんか?Wi-Fiとは何かというと、簡単に言ってしまえばケーブルなしでネットワークのアクセスができる技術のことです。無線LANと呼ばれる接続方法がありますが、両者はほぼ同じ意味で用いられていると思ってもらって構いません。屋内でWi-Fiを利用すると、例えば従来のようにLANケーブルでモデムとパソコンをつなぐ必要がなくなります。よってケーブルの数を少なくして、部屋の中をすっきりできます。


また無線でインターネット通信できるので、屋外でもネット通信が可能になります。しかも最近のWi-Fiは技術が進化していて、高速通信にも対応しています。このため、外出先でもスムーズにインターネットを使った作業が可能となります。データの暗号化に対応しているサービスもありますし、セキュリティ対策もそろっています。無線であっても、安心して利用できるサービスです。


無線LANスポットが、日本各地にあります。これは、Wi-Fi親機をセッティングしているスポットで、チェーン展開しているカフェやファストフードショップ、商業施設に設置されているケースが多いです。このような所にWi-Fi対応している端末を持ち込めば、自由にインターネットにアクセスできます。スマホなどの電話回線を利用してネットする時と比較して、高速通信できるため、大容量のアプリや動画のダウンロードをスピーディに行えるメリットがあります。

自宅やオフィスでWi-Fi機器を接続するには?

自宅やオフィスでWi-Fiを使ってパソコンなどでインターネットにアクセスするためには、何が必要でしょうか?屋内でWi-Fiを使ったネット接続をするには、ネットワーク機器が必要です。無線LANルータ、もしくは無線LANアクセスポイントといった機器です。これらの機械がWi-Fiの親機になって、パソコンなどの子機とつなげてネットワークに接続する方式になります。


インターネットを利用するにあたって、プロバイダと契約を交わしているはずです。その中で、光回線ルータやADSLの回線モデムが設置されています。これらのルータやモデルとパソコンの間に、Wi-Fi親機を入れて接続させます。光ファイバーやADSLの回線がルータやアクセスポイントの所で無線LANに変換されて、インターネットにアクセスできます。Wi-Fiを使ってネット接続するためには、無線LANルータもしくはアクセスポイントや子機の設定をする必要があります。ルータやアクセスポイントを購入した時に、マニュアルがついていると思われます。このマニュアルの中で、どのように設定すればいいのか、その手順が書かれていますのでそれに従って作業しましょう。


マニュアルを読むのが苦手、やり方がよくわからないという人もいるでしょう。その場合、大半の製品に簡単設定ツールなどの名目でCD-ROMが付属しています。このCD-ROMを使用すれば、対話形式で設定できるようになっているので、こちらを利用すればスムーズにネット接続できるはずです。

様々な施設で提供されている公衆無線LANについて

街中を歩いてみると「Wi-Fi使えます」と入口の所に書かれている飲食店や商業施設をよく見かけます。このようなWi-Fiを使ってインターネットにアクセスできるようなスポットのことを、公衆無線LANスポットといいます。公衆無線LANスポットは、都会を中心として日本全国に広がってきています。公衆無線LANスポットとは、不特定多数の人が無線LANを利用できる場所です。

現在公衆無線LANスポットを設置している所はいろいろとあります。コンビニなどでも利用できるお店があります。中には、会員向けのクーポンを配布するサービスを提供しているチェーン店もあります。その他には日本全国にチェーン展開しているカフェショップでも公衆無線LANスポットを設置しているお店があります。中にはメールアドレスの登録手続きだけ行えば、すぐにネットアクセス利用可能なお店もあります。その他には、東京の地下鉄構内で公衆無線LANスポットを提供しています。駅構内図の案内なども端末を使って、サクサク情報収集できます。

スマホを使ってアクセスする場合に、別にスマホ自体も通信能力があるので、公衆無線LANスポットを利用しなくてもいいのではないかと思う人もいるでしょう。しかしスマホの場合、通信速度制限がついているケースが多いです。大容量のデータをダウンロードしてしまうと、通信料制限に引っ掛かってしまって、通信時間がガクッと落ちます。しかし公衆無線LANを利用すれば、通信料制限に引っ掛からないので、動画などもダウンロードしやすくなります。

ただし、通信速度制限なしという意味ではWiMAXの方が圧倒的に早いです。固定電話なしでインターネットを利用したい方は、WiMAXも検討してみてください。

パソコン以外のWi-Fi機器を無線LANで使う方法

Wi-Fiに接続して無線でインターネットにアクセスできる端末は、何もパソコンだけではありません。他にもいろいろな端末をWi-Fiでインターネットにつなげられます。たとえば、タブレット端末とも接続は可能です。その他にはゲーム機をWi-Fiでインターネットにつなげられます。外出先でもオンラインゲームができるようになります。


その他には、スマートフォンをWi-Fiでインターネットに接続する方法もあります。スマホの場合、別にWi-Fiを使わなくても自力でネット接続できるので設定する必要はないと思う人もいるでしょう。しかしたいていのスマホは、通信量制限がかかっています。一定の通信料を超えると、通信速度が一気にダウンしてしまって、使い勝手が悪くなります。Wi-Fiを介してであれば、通信量制限がかからなくなるので動画などのデータの重たいものでも気にすることなくダウンロードできます。接続の方法ですが、メニューなどを開くとタブレット端末もゲームもスマホも、インターネットの接続方法がメニューの中にあるはずです。その中で、Wi-Fi対応した接続方法に設定しましょう。


その他にもテレビやレコーダーとWi-Fiを接続できます。この場合、機種によっては無線LANカードを購入してテレビやレコーダーに挿入する必要が出てきます。無線LANカードについているマニュアルの中に、LANカードを含めたWi-Fiの設定方法の説明が書かれているはずですから、その方法に従って作業を進めましょう。

更新履歴